サウンド・オブ・サンダー
  監督:ピーター・ハイアムズ   製作:2005年アメリカ
  主演:エドワード・バーンズ, キャサリン・マコーマック, ベン・キングスレー
※この採点は管理者の独断と偏見でつけております。
総合得点 48 /100
おススメ度 5 映像美 8
ストーリー 2 音響効果 6
キャラクター 3 斬新さ 5
テンポの良さ 5 泣/笑/怖 4
ラストシーン 4 鑑賞後印象 5
採点項目の意味※各10点、最高点100点
おススメ度 管理者の個人的なオススメ度数
ストーリー 物語の構成がしっかりしているかの評価
キャラクター 登場人物の魅力・出演者の魅力を評価(管理人重視)
テンポの良さ 物語が滞留せず、うまく展開しているかを評価
ラストシーン 物語は終わりが肝心!ってことでの評価
映像美 どれだけ美しい映像(CG含む)かを評価(管理人重視)
音響効果 音響効果の迫力・使用楽曲の印象を評価
斬新さ どれだけ新しい試みをしている物語かを評価
泣/笑/怖 鑑賞中の泣けた/笑えた/怖がれた等を評価(管理人重視)
鑑賞後印象 鑑賞後に印象(心)に残った作品かを評価
※この採点は、皆様のご意見も反映していきます。以下Crickの上、
採点投稿BBSに作品(小説)名、10項目の各点数及び、お名前を記載下さい。

     あなたの採点の投票先はコチラをCrick!

※相当数が集計された段階で、点数を変更していく予定です。

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  




本・映画の検索TOPに戻る
【管理者より一言】
矛盾などお構いなしのご都合主義のSF映画。この系統が好きだったとしても、全体的に浅い物語という印象。ただ、CG・映像は美しい!後半でてくるお決まりの怪物たちのお陰で映像美マイナス1点。合成ばればれの街並みと人の動きにマイナス1点。とはいえ、近未来の世界映像は◎。観る時は、単純に美しい景色を観ながら、それ以外は早送り!オススメの観方です!
感想の続き(ネタバレ有)はこちら
【梗概】
レイ・ブラッドベリの短編集に収録された作品を原作にしたSFパニック・アクション!西暦2055年。6500万年前にタイムトラベルし、恐竜狩りを楽しむというツアーがおこなわれていた。しかし、トラブルによって1.3グラムの何かを過去から持ち帰ってしまった事により、生態系に異常を起こしてしまったのだった。押し寄せる進化の波“タイム・ウェイブ”。1.3グラムの謎を解き、人類は生き延びる事ができるのか!?
inserted by FC2 system