あらしのよるに
  監督:杉井ギザブロー  製作:2005年日本
  声優:中村獅童、成宮寛貴
※この採点は管理者の独断と偏見でつけております。
総合得点 80 /100
おススメ度 8 映像美 8
ストーリー 6 音響効果 8
キャラクター 9 斬新さ 6
テンポの良さ 8 泣/笑/怖 9
ラストシーン 9 鑑賞後印象 9
採点項目の意味※各10点、最高点100点
おススメ度 管理者の個人的なオススメ度数
ストーリー 物語の構成がしっかりしているかの評価
キャラクター 登場人物の魅力・出演者の魅力を評価(管理人重視)
テンポの良さ 物語が滞留せず、うまく展開しているかを評価
ラストシーン 物語は終わりが肝心!ってことでの評価
映像美 どれだけ美しい映像(CG含む)かを評価(管理人重視)
音響効果 音響効果の迫力・使用楽曲の印象を評価
斬新さ どれだけ新しい試みをしている物語かを評価
泣/笑/怖 鑑賞中の泣けた/笑えた/怖がれた等を評価(管理人重視)
鑑賞後印象 鑑賞後に印象(心)に残った作品かを評価
※この採点は、皆様のご意見も反映していきます。以下Crickの上、
採点投稿BBSに作品(小説)名、10項目の各点数及び、お名前を記載下さい。

     あなたの採点の投票先はコチラをCrick!

※相当数が集計された段階で、点数を変更していく予定です。

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  




本・映画の検索TOPに戻る
【管理者より一言】
主人公のメイの絵をかわいいと思えるかどうかが全て判断の分かれ道・・・私は始めそうでもないかと思ってましたが・・・開始30分ではまりました。かわいすぎると感じちゃいました・・・後は、ずっと涙が・・・うまいことツボをつかれる映画です。突っ込みどころは多々ありますが、子供も大人も純粋な心で観れば不満なしという感想デス
【梗概】
ある嵐の夜、仲間とはぐれたヤギのメイは、壊れた山小屋で雨風をしのいでいた。そこへ、同じように逃げてきた “仲間”と思しき一匹の動物がずぶ濡れで飛び込んでくる。真っ暗な小屋の中、互いに一人ぼっちで心細かった二匹は、話をするうちに仲良くなり、次の日に「あらしのよるに」を合い言葉に、再会を約束する。しかし、翌日、メイの前に現れたのは、オオカミのガブだった!本来なら決して仲良くなれない二匹だが、天真爛漫なメイは無邪気にガブを慕い、ちょっと気弱で優しいガブもそれを受け入れる。だが、平穏な日々は永遠には続かなかった。その友情がそれぞれの種族に知られるところとなったのだ。果たして、二匹の運命は?
inserted by FC2 system