博士の愛した数式
  監督:小泉堯史   製作:2005年日本
  主演:寺尾聰, 深津絵里, 齋藤隆成, 吉岡秀隆, 浅丘ルリ子
※この採点は管理者の独断と偏見でつけております。
総合得点 70点 /100
おススメ度 7 映像美 6
ストーリー 7 音響効果 3
キャラクター 8 斬新さ 8
テンポの良さ 8 泣/笑/怖 7
ラストシーン 8 鑑賞後印象 8
採点項目の意味※各10点、最高点100点
おススメ度 管理者の個人的なオススメ度数
ストーリー 物語の構成がしっかりしているかの評価
キャラクター 登場人物の魅力・出演者の魅力を評価(管理人重視)
テンポの良さ 物語が滞留せず、うまく展開しているかを評価
ラストシーン 物語は終わりが肝心!ってことでの評価
映像美 どれだけ美しい映像(CG含む)かを評価(管理人重視)
音響効果 音響効果の迫力・使用楽曲の印象を評価
斬新さ どれだけ新しい試みをしている物語かを評価
泣/笑/怖 鑑賞中の泣けた/笑えた/怖がれた等を評価(管理人重視)
鑑賞後印象 鑑賞後に印象(心)に残った作品かを評価
※この採点は、皆様のご意見も反映していきます。以下Crickの上、
採点投稿BBSに作品(小説)名、10項目の各点数及び、お名前を記載下さい。

     あなたの採点の投票先はコチラをCrick!

※相当数が集計された段階で、点数を変更していく予定です。

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  




本・映画の検索TOPに戻る
【管理者より一言】
とても温かな物語ではあります。また、【博士の愛した数式】他、様々な数式のお話がわかりやすく語られているので、中学校時代の数学の授業を思い出し、懐かしむことも出来るでしょう。但し、肝心の基本設定がおそらく間違っちゃいましたね…『記憶がたった80分しかもたない天才数学博士』…絶対に1日は記憶がもっています!それを前提にご覧になったほうが良いでしょう!…同様の設定の作品では『50回目のファースト・キス』と比べると数段落ちる感じではありますが…
感想の続き(ネタバレ有)はこちら
【梗概】
博士と過ごしたひとときは私とルートにとって本当に大切な時間でした
記憶がたった80分しかもたない天才数学博士のもとで働くことになった家政婦と、幼い頃から母親と二人で生きてきた10歳の息子。母子は、純粋に数学を愛する博士に魅せられ、次第に、数式の中に秘められた、美しい言葉の意味を知る―。
数式という一見小難しく思われるものから溢れる美しく温かい愛、心に生き続ける大切な人。164万人が泣いた大ベストセラー原作を、『雨あがる』の小泉堯史監督が待望の映画化。全ての世代にアピールする温かな物語が感動をよび、興収12億円の大ヒットを記録。

inserted by FC2 system