この胸いっぱいの愛を
  監督:塩田明彦 原作:梶尾真治  製作:2005年日本
  主演:伊藤英明、ミムラ、勝地涼、宮藤官九郎、吉行和子、中村勘三郎
※この採点は管理者の独断と偏見でつけております。
総合得点 83点 /100
おススメ度 9 映像美 6
ストーリー 7 音響効果 8
キャラクター 8 斬新さ 8
テンポの良さ 9 泣/笑/怖 10
ラストシーン 9 鑑賞後印象 9
採点項目の意味※各10点、最高点100点
おススメ度 管理者の個人的なオススメ度数
ストーリー 物語の構成がしっかりしているかの評価
キャラクター 登場人物の魅力・出演者の魅力を評価(管理人重視)
テンポの良さ 物語が滞留せず、うまく展開しているかを評価
ラストシーン 物語は終わりが肝心!ってことでの評価
映像美 どれだけ美しい映像(CG含む)かを評価(管理人重視)
音響効果 音響効果の迫力・使用楽曲の印象を評価
斬新さ どれだけ新しい試みをしている物語かを評価
泣/笑/怖 鑑賞中の泣けた/笑えた/怖がれた等を評価(管理人重視)
鑑賞後印象 鑑賞後に印象(心)に残った作品かを評価
※この採点は、皆様のご意見も反映していきます。以下Crickの上、
採点投稿BBSに作品(小説)名、10項目の各点数及び、お名前を記載下さい。

     あなたの採点の投票先はコチラをCrick!

※相当数が集計された段階で、点数を変更していく予定です。

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  




本・映画の検索TOPに戻る
【管理者より一言】
まず、『黄泉がえり』を観て感動した人には絶対オススメ!ストーリーが格別良いわけでも、また、とっても斬新だったりするわけでもないんですが、観ているうちになんだかジワジワきちゃう作品なんじゃないでしょうか!伊藤英明&ミムラがいまいち好きじゃない人でも、多分知らぬ間に作品世界に涙しているのでは?
感想の続き(ネタバレ有)はこちら
【梗概】
鈴谷比呂志は、かつて祖母に預けられ1年間を過ごした思い出の町、北九州・門司へ出張する。懐かしさのあまり当時過ごした旅館を訪れた彼は、一人の少年と出くわす。それは当時ヒロと呼ばれていた20年前の自分自身だった。鈴谷は20年前の門司にタイムスリップしたのだ。その周辺には鈴谷と同様に現代からタイムスリップした人達がいた。彼らは自分が戻りたい時間に戻されていたのだった…。
あなたの戻りたい過去はいつですか? あれから3年……『黄泉がえり』の原作者&監督が贈るもうひとつの優しい感動。
inserted by FC2 system