オペラ座の怪人
  監督:ジョエル・シュマッカー  製作:2004年アメリカ
  主演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック ウィルソン
※この採点は管理者の独断と偏見でつけております。
総合得点 91 /100
おススメ度 9 映像美 10
ストーリー 8 音響効果 10
キャラクター 9 斬新さ 8
テンポの良さ 10 泣/笑/怖 10
ラストシーン 9 鑑賞後印象 9
採点項目の意味※各10点、最高点100点
おススメ度 管理者の個人的なオススメ度数
ストーリー 物語の構成がしっかりしているかの評価
キャラクター 登場人物の魅力・出演者の魅力を評価(管理人重視)
テンポの良さ 物語が滞留せず、うまく展開しているかを評価
ラストシーン 物語は終わりが肝心!ってことでの評価
映像美 どれだけ美しい映像(CG含む)かを評価(管理人重視)
音響効果 音響効果の迫力・使用楽曲の印象を評価
斬新さ どれだけ新しい試みをしている物語かを評価
泣/笑/怖 鑑賞中の泣けた/笑えた/怖がれた等を評価(管理人重視)
鑑賞後印象 鑑賞後に印象(心)に残った作品かを評価
※この採点は、皆様のご意見も反映していきます。以下Crickの上、
採点投稿BBSに作品(小説)名、10項目の各点数及び、お名前を記載下さい。

     あなたの採点の投票先はコチラをCrick!

※相当数が集計された段階で、点数を変更していく予定です。

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  






本・映画の検索TOPに戻る
【管理者より一言】
オペラを観た人も、観ていない人も、音と映像の迫力に圧倒される作品。単なるミュージカル作品とは一線を隔てている感があります。2時間がアッと言う間に過ぎ去ります。ちなみに、鑑賞後はCDも欲しくなります・・・
【梗概】
世界的有名にして不朽の名作であるミュージカル『オペラ座の怪人』が、稀代の天才作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー自身のプロデュースのもと、遂に完全映画化。溜息が出るほどに美しく豪華絢爛な19世紀のパリ・オペラ座を背景に、一編の究極のラブストーリーが舞台という枠を超え、映画でしか成し得なかった数々の名シーンを盛り込みながら綴られてゆく。煌びやかな存在感を放つ巨大シャンデリアが落下するシーンや、吹替えなしで歌い上げた主演3人による圧倒的歌唱力、大迫力のフルオーケストラは圧巻! 監督は『評決のとき』のジョエル・シューマッカー。儚くも美しき愛の物語に、映画としての新たな息吹をその手腕で注ぎ込んだ。
inserted by FC2 system