ザ・インタープリター
  監督:シドニー・ポラック  製作:2005年アメリカ
  主演:ニコール・ キッドマン、ショーン・ ペン、キャサリン・ キーナー
※この採点は管理者の独断と偏見でつけております。
総合得点 93点 /100
おススメ度 10 映像美 8
ストーリー 10 音響効果 8
キャラクター 9 斬新さ 10
テンポの良さ 10 泣/笑/怖 9
ラストシーン 9 鑑賞後印象 10
採点項目の意味※各10点、最高点100点
おススメ度 管理者の個人的なオススメ度数
ストーリー 物語の構成がしっかりしているかの評価
キャラクター 登場人物の魅力・出演者の魅力を評価(管理人重視)
テンポの良さ 物語が滞留せず、うまく展開しているかを評価
ラストシーン 物語は終わりが肝心!ってことでの評価
映像美 どれだけ美しい映像(CG含む)かを評価(管理人重視)
音響効果 音響効果の迫力・使用楽曲の印象を評価
斬新さ どれだけ新しい試みをしている物語かを評価
泣/笑/怖 鑑賞中の泣けた/笑えた/怖がれた等を評価(管理人重視)
鑑賞後印象 鑑賞後に印象(心)に残った作品かを評価
※この採点は、皆様のご意見も反映していきます。以下Crickの上、
採点投稿BBSに作品(小説)名、10項目の各点数及び、お名前を記載下さい。

     あなたの採点の投票先はコチラをCrick!

※相当数が集計された段階で、点数を変更していく予定です。

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  




本・映画の検索TOPに戻る
【管理者より一言】
サペンスとして非常に良く作りこまれた作品という印象。数多くの細かい謎と複線・・・後半でパズルノピースが全てはまっていく爽快さ!逆に最初から複線を見逃したり、物語に置いていかれた人は後半まで面白くなく終わってしまうかもしれない諸刃の剣的作品。
感想の続き(ネタバレ有)はこちら
【梗概】
国連通訳として働くシルヴィア。ある夜、通訳ブースに立ち寄った彼女はヘッドフォン越しに大統領暗殺予告を聴いてしまい、正体不明の暗殺者に追われる身に…。シークレット・サービスのケラーは、直ちに監視体制を敷き彼女の身辺警護を開始するが、集まった情報は驚愕すべきものだった。シルヴィアはかつてアフリカの小国で反独裁運動に関わっていたのだ!彼女は何者なのか?暗殺はいつなのか?謎は連続殺人を呼び、国連本部に血の雨が降る時は刻一刻と近づいていた…。
inserted by FC2 system