夜市
著者:恒川光太郎 サイズ:単行本/179p 発行年月:2005年10月
※この採点は管理者の独断と偏見でつけております。
総合得点 95 /100
おススメ度 10 斬新さ 10
ストーリー 10 読み易さ 9
キャラクター 8 テンポの良さ 10
ラストシーン 10 鑑賞後印象 10
感動 9 デザイン 9
採点項目の意味※各10点、最高点100点
おススメ度 管理者の個人的なオススメ度数
ストーリー 物語の構成がしっかりしているかの評価
キャラクター 登場人物の魅力が感じられたかを評価
ラストシーン 物語は終わりが肝心!ってことでの評価
感動 いろんな意味で何か感動があったかを評価
斬新さ どれだけ新しい試みをしている物語かを評価
読み易さ 如何にスラスラと読めたか(=文章力)を評価
テンポの良さ 物語が滞留せず、うまく展開しているかを評価
読後印象 読み終わった後に印象に残った作品かを評価
デザイン 見た目も大事!ってことで表紙・目次デザインを評価
※この採点は、皆様のご意見も反映していきます。以下Crickの上、
採点投稿BBSに作品(小説)名、10項目の各点数及び、お名前を記載下さい。

     あなたの採点の投票先はコチラをCrick!

※相当数が集計された段階で、点数を変更していく予定です。

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                  




本・映画の検索TOPに戻る
【管理者より一言】
とても綺麗な物語です!不思議な世界観の中を綴る不思議な魅力の文章にあなたも酔いしれるでしょう!決して日本の古臭い怪談ではありません。ホラーが苦手な人にも、オススメできるヒューマンファンタジーです!
感想の続き(ネタバレ有)はこちら
【梗概】
何でも売っている不思議な市場「夜市」。
大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。夜市では望むものが何でも手に入る・・・。第12回日本ホラー小説大賞受賞作。
【目次】
夜市/風の古道
inserted by FC2 system